« 強制退去処分? | トップページ | ガンダム静岡に立つ »

2010年7月21日 (水)

元テロリストの来日

 金賢姫元北朝鮮工作員が来日して、マスコミがいつもの調子で大はしゃぎしていますが……これって、喜ばしいことなのでしょうか?
 そもそも、この人を日本に(一時的ではあっても)入れていいものなんでしょうか。元テロリストですよ?それも日本の偽造旅券を使って、100人以上の人間を殺害したとして韓国で死刑判決が確定した犯罪者ですよ?入管難民法上は入国拒否の対象なのに、今回千葉法務大臣が特例として入国を認めたようですけど(つまりは超法規的措置)……国内の死刑囚の処刑には判を押さず、国外の死刑囚入国には判を押す法務大臣って何者なんでしょう。そして、警察に入管難民法違反容疑での事情聴取もさせない中井国家公安委員長ってのも、一体何者なんだ。「治安」って言葉、知ってます?
 で、行き先が鳩山前首相の別荘ってどういうことですかね。“政権浮揚策”とか何とか言われてますけど、日本の法律にも違反した国際テロリストですよ?それを前の首相の私邸に招き入れるって、政策以前のところで根本的に間違っていませんか。その上、本人が「観光したい」と言ってるとかで富士山遊覧飛行を計画しているとか何とかいう話まで伝わっているんですが……税金使って日本までチャーター機で連れてきて、その上遊覧飛行に連れて行ってあげるって、凄いですね。“国賓”以上の待遇に思えます。テロリストをわざわざ国賓扱いする国なんて、世界中でこの国だけかも。オンリーワンだと誇るべきところですか?
追記:22日に政府は本当に遊覧飛行してあげたようですな(富士山じゃなかったみたいだけど)。私も旅客機を爆破すれば国のお金で遊覧飛行に連れて行ってもらえるんでしょうか。政府がするってことは、そういう間違ったメッセージになりかねない行為ですよ?マスコミは(さすがに好意的ではないものの)批判しないし……わが国もいよいよ“テロ支援国家”の仲間入りですかねぇ。
 そして、今回の来日は「拉致被害の家族のみなさんから来日の要望があり、それを受けて政府として招待した」と現首相(表に出てこないので、もはや名前を書く必要もないでしょう)が語ったそうですが、それが事実だとしたら、こんなことを国に要望しテロリストと前首相の別荘にて親しげに会食したとも言われている「拉致被害者の会」って何なんですか?自分たちの家族を奪った北朝鮮の工作員であった人間を、ニコニコしながら歓待している彼らの姿には強烈な違和感を感じましたよ。「ほんの少しでも情報が得られれば」という悲壮感なんて、あの表情からは一切感じられない。「本当にあなたたちは北朝鮮と戦っているのですか?」って尋ねてみたいくらいです。拉致は許されないし、国家として国民を取り返すのは責務だし、会としての活動を否定したりするつもりは毛頭ありませんけど……小泉首相にくってかかったときからずっと信用できないんですよ、あの人たち(“恩知らず”を私は信用しません)。本当に、国としてあの人たちをここまで支援しないといけないのでしょうか?拉致された人を救出することと被害者の会に媚びることは全然違うと思うのですが。

 私の感覚がおかしいのかもしれません。
 しかし、私には、今回の政府と拉致被害者の会の対応こそおかしいとしか思えません。

|

« 強制退去処分? | トップページ | ガンダム静岡に立つ »

重い話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 強制退去処分? | トップページ | ガンダム静岡に立つ »