« 寝不足状態が続く… | トップページ | ストロングというより »

2010年7月 8日 (木)

サッカーW杯南アフリカ大会 ~準決勝

○準決勝
ウルグアイ 2-3 オランダ
ドイツ 0-1 スペイン

 サッカーW杯南アフリカ大会も、準決勝まできましたよ。どちらの試合も録画して見ました(未明3時すぎに起きるのは……デンマーク戦で懲りました。その日1日睡魔と戦うのは、この歳ではキツイw)。
 ウルグアイ-オランダ戦は、「守るウルグアイvs攻めるオランダ」になるかと思いきや……何のことはない、どちらも「守ってカウンター」みたいな展開。前半18分ファンブロンクホルストのミドルシュートでオランダが先制したものの、前半41分にフォルランのミドルシュートでウルグアイも追いついて前半終了、ウルグアイペースなように思いました。後半は押され気味だったオランダが、後半25分にスナイデルのゴールで勝ち越し。そして後半28分にロッベンのヘッドで3点目。ロスタイムにウルグアイも1点返して猛攻を仕掛けるも、同点ゴールはならず試合終了となりました。うーん……オランダは3点取りましたけど、いわゆる“攻撃サッカー”はこの試合でもほとんど見られなかったですな。“らしさ”が見られたのはロッベンの3点目ぐらいですし。「勝つ」ことに拘ると、こういうサッカーになってしまうんですかねぇ?
 もっと“らしさ”が見られなかったのが、ドイツ。ドイツ-スペイン戦は、今までずっとおかしかったスペインが復調して、ドイツが前半からなんとなくぎこちない展開に。中盤をスペインがずっと支配してて、前半はスコアレスだったものの、後半28分CKからプジョルがヘッドで決めてスペインが先制。そのままスペインが逃げ切りました。ドイツはミュラーが累積警告で出場停止だったのが痛かったんですかねぇ?攻めにスピード感がまるでなかったし、いつもの“はねかえす守備”ってのも今ひとつだったし。試合開始直後からスペインに崩されたりして、システム的にもおかしかった。今大会最強チームも、ダメなときはダメなんすねぇ。それに対して、スペインは終始動きが良かったですよ。結局はセットプレーでの1点しか取れなかったけど、果敢に攻めてたし、「何としても勝つんだ!」って気迫がドイツを大きく上回ってたように思いました。

 結果、決勝はオランダとスペインの組み合わせになりました。オランダは32年ぶり3回目の決勝進出。一方のスペインは決勝進出自体が史上初。どっちが優勝したとしても、W杯初優勝ですな。
 うーむ、スペインは調子が上がってきているし、スペイン史上初の決勝ってことで選手たちもやる気十分でしょうしねぇ……有利かもしれません。しかし、“オレンジ軍団”の攻撃力、あのキラーパス一本でゴールを決める相手も観客も呆然となる攻撃が出せたならば、何ら問題ないはずでございます。勝てますよ、オランダ。「三度目の正直」ということで、あのクライフ(※ヨハン・クライフ:オランダの伝説的サッカー選手)でさえ成し遂げられなかったW杯優勝を、今大会のオランダ代表にぜひ成し遂げてほしいと思います。

|

« 寝不足状態が続く… | トップページ | ストロングというより »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 寝不足状態が続く… | トップページ | ストロングというより »