« サッカーW杯南アフリカ大会 ~決勝トーナメント1回戦その2 | トップページ | サッカーW杯南アフリカ大会 ~準々決勝その2 »

2010年7月 3日 (土)

サッカーW杯南アフリカ大会 ~準々決勝その1

○準々決勝
オランダ 2-1 ブラジル
ウルグアイ 1-1(PK 4-2) ガーナ

 サッカーW杯南アフリカ大会準々決勝が始まりました。オランダ-ブラジル戦はライブ、ウルグアイ-ガーナ戦は録画して見ました。
 オランダ-ブラジル戦……オランダファンの私が言うのも何なんですが、“王者”が負けるとは正直思っていませんでしたよ。つーか、今大会のブラジルは優勝、少なくとも決勝までは行くだろうと(ほぼ)確信してましたから……この結果には驚愕しました。前半10分にロビーニョのゴールでブラジルが先制し、その後も前半はブラジルがオランダを圧倒してて「オランダでもブラジルには通用しないのか……」と思ってたんですが、後半が始まると様相が一変。後半8分スナイデルが上げたクロスが、クリアしようとしたフェリペ・メロのオウンゴールとなってしまい、オランダ同点。その後は前半あれほど圧倒的に動き回っていたブラジルの選手たちの足が止まって、オランダが元気いっぱいに。そして、後半23分にCKからスナイデルのヘッドでオランダ逆転。その上、後半28分フェリペ・メロが一発レッドで退場して(ロビーニョの先制点をアシストしたのも、オウンゴールも、退場したのもこの人フェリペ・メロ。この試合はまさに彼の“一人舞台”ですなw)ブラジルは追い詰められてしまい……結局そのままオランダが逃げ切ってしまいました。ブラジルがW杯で敗退する時っていつもあっけなく負けるんですけど……今大会もそんな感じになってしまいましたね。前半はもの凄かったですけど、後半が本当に酷かったのでそのことさえ忘れてしまいますよ。いやはや、後半ブラジルの選手たちに何があったんですかねぇ?前半動き回った疲れが出たのか、それともオランダの策略にまんまと引っかかったのか……前半と後半で展開がまるで逆になってしまったのが、見てて本当に不思議でした。信じられなかったです。
 ウルグアイ-ガーナ戦は、ガーナが前半終了間際のロングシュートで先制したけど、後半FKでウルグアイが追いついて延長へ。延長後半のロスタイムにガーナがPKを得たもののこれを決められず、PK戦になってウルグアイが準決勝進出を決めました(実はこのあたり録画できてなかったのでダイジェストで見ました。こんなところで教育に切り替えるとは……NHKめ)。うーん、最後のアフリカ勢・ガーナ、惜しかったですねぇ。ギャンのPKでグループリーグから勝ち上がってきて、今回もその“勝ちパターン”になったのに、そのPKで試合を落としてしまう……サッカーって、わからないものなんですな。
 結果、準決勝はオランダとウルグアイがぶつかることになりました。オランダファンとしては、あと2試合“オレンジ軍団”の試合が見れることが確定したので嬉しい限りです。どうせなら、決勝に勝ち上がってもらいたいですね。しかも、今度こそ「オランダ的攻撃サッカー」全開で勝ち上がってほしいっす。

 W杯の準々決勝ともなると、本当に厳しいんですな。どちらの試合も凄かった。試合のレベルが、1回戦からまた一段上がりましたよ。
 日本代表も、“強豪”とこのレベルで試合をやれてたら、ボロボロに負けたとしても未だかつてない、また将来に向けて本当に大きな経験になったと思うのですが……“強豪”スペインとそういう試合をやる機会が、手に届くところにあっただけになぁ。惜しかったなぁ。
 ま、それこそ「詮無きこと」なんですけどねw

|

« サッカーW杯南アフリカ大会 ~決勝トーナメント1回戦その2 | トップページ | サッカーW杯南アフリカ大会 ~準々決勝その2 »

スポーツ」カテゴリの記事