« サッカーW杯南アフリカ大会 ~3位決定戦 | トップページ | F1 2010 イギリスGP »

2010年7月12日 (月)

サッカーW杯南アフリカ大会 ~決勝

○決勝
オランダ 0-1 スペイン

 サッカーW杯南アフリカ大会最後の試合、決勝が行われました。これで最後だし、優勝決定の瞬間をナマで見たかったので、結局ライブで見ましたよ。
 試合展開は……延長後半11分イニエスタのゴールが決まった、それだけですかね。延長後半4分にハイティンガが2枚目のイエローで退場になってしまったのが大きかったとはいうものの、オランダは点を取れずスペインは点を取ったってことですよ。サッカーで勝つのはあくまで点を取ったチームです。世界一決定戦が、スコアレスでPK決着なんてことにならなくて良かった。
 スペインは攻撃的ではあったものの動きに精彩が見られず、オランダの方が頑張ってたとは思いました。だけど、守備に必死で、攻撃はロッベン個人の突破力頼みなオレンジ軍団なんて……2点くらい取れててもおかしくなかったとはいうものの、正直「それでいいのか、オランダ」って言いたかったですよ。あれじゃ今大会の日本代表と変わらない、というより、“ロッベン頼み”なんて、本田の他に松井と大久保が前で頑張り通した日本にも劣る攻撃戦術ではないでしょうか?いくら決勝で勝ちたいからって、あそこまで“らしさ”を捨て全員攻撃を諦めてしまうのはなぁ……オランダのファンですけど、ガッカリですよ。今大会のオランダのプレーには納得いかないところが多々ありましたけど、攻撃的でなかったことのツケが最後にきましたね。点を取らないプレーは、「世界一」に値しません。
 カシージャスが表彰式でワールドカップを掲げる姿を見て、本調子じゃなくても何とか点を取ろうともがいてたスペインが点を入れて勝って世界一になって、本当に良かったと思いました。

 サッカーW杯南アフリカ大会は、スペインの初優勝、オランダ準優勝、3位ドイツと、ヨーロッパの強豪国が上位独占という結果になりました。“本命”と言われながら調子が上がらず、初戦敗退から何とか這い上がっての初優勝、おめでとうスペイン代表。
 得点王は、5点で並んだビジャ(スペイン)/スナイデル(オランダ)/ミュラー(ドイツ)/フォルラン(ウルグアイ)の4人。ベスト4の4チームから1名ずつですか……個人的にはミュラーかフォルランになってほしかったけど、ま、4人とも凄かったですからな。で、大会MVPはそのフォルランが選ばれました。チーム貢献度という観点からすれば、たしかに大会MVPかも。おめでとうございます。
 大会前はバッシングの嵐だった日本代表も、決勝トーナメントに進出して大舞台でのPK戦も経験できて、国民みんなからも祝福されたし、良かったですよね。

 “大本命”ブラジルやアルゼンチンが準決勝に残れず、開催地南アフリカや前大会優勝/準優勝のイタリア/フランスは決勝トーナメントにすら残れず、期待されてたメッシやルーニーが無得点に終わるなど、いろいろありましたけどね……この1ヶ月「世界のサッカー」を堪能できて、本当に楽しかったです(慢性的な寝不足には困りましたがw)。
 サッカーW杯はまた4年後ですな。次はブラジル大会かぁ。次こそは“王国”の復活もあるのかな?期待して待ちたいと思います。

|

« サッカーW杯南アフリカ大会 ~3位決定戦 | トップページ | F1 2010 イギリスGP »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サッカーW杯南アフリカ大会 ~3位決定戦 | トップページ | F1 2010 イギリスGP »