« F1 2010 トルコGP | トップページ | サッカーW杯南アフリカ大会 ~3日目 »

2010年6月14日 (月)

F1 2010 カナダGP

 F1第8戦・カナダGP決勝が昨日行われました。昨年はカナダGPもなかったため、北米でのF1開催は2年ぶりです。
 カナダGPの舞台・ジル・ビルヌーブ・サーキットは直線が長いレイアウトのため、マクラーレン有利と言われていましたが……予選ではレッドブル勢も善戦、というかQ3をハードタイヤで走るという決勝重視の戦略にも関わらず、ウェバーもベッテルも快調にタイムを刻んで、改めてその凄さを見せつけました。が、最後の最後でマクラーレンのハミルトンが最速タイムを叩き出してPPを奪取。今シーズンずっと続いていたレッドブル勢のPP独占を阻みました。ウェバーが2番手でベッテル3番手、4番手アロンソ(フェラーリ)、5番手にバトン(マクラーレン)という結果に。ミハエルさん(メルセデスGP)は13番手、小林可夢偉(ザウバー)は18番手に沈みました。
 決勝は、レッドブルチームの「ソフトタイヤはもたない」という予想が現実のものになりました。70周レースなのに、5周目から上位勢のピットインが始まるという異様な展開。7周目でベッテルがトップ、ギアボックス交換5グリッド降格し7番手スタートとなったウェバーが2位とワンツー体制になりレッドブルの作戦勝ちかと思ったのですが……なんと、ハードタイヤもまるでもたないようで、12周目にはウェバー、翌周ベッテルがピットイン。結局ハードタイヤでのスタートはアドバンテージになるどころか、どこかでソフトタイヤを使わなければならないことが重荷となって、ウェバーが頑張ったものの最終的には5位、ベッテルも4位に終わってしまいました。優勝はハミルトン。バトンも2位に入り、前戦トルコGPに続いてマクラーレンがワンツーフィニッシュ。アロンソが3位。ミハエルさんは11位、可夢偉クンはリタイアでした。

 前回「見直した」と書いたバトンさん、今回“速さ”はイマイチに逆戻りしてましたけど、しっかり2位なんですよねぇ。やはり、トップドライバーの1人であると言っていいのでしょうな。レッドブルは戦略的な勝負に出たのが裏目に出てしまって残念でしたけど……それでも、予選では速かったし、まだRB6が最強マシンであることに変わりはないと思いますね。ただ、MP4-25も差がなくなってきてるので、厳しくなっているのは間違いないですな。やはり、トルコでの同士討ちは致命傷になるかもなぁ。うーん、ベッテル、頑張ってくれ~~~

|

« F1 2010 トルコGP | トップページ | サッカーW杯南アフリカ大会 ~3日目 »

モータースポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« F1 2010 トルコGP | トップページ | サッカーW杯南アフリカ大会 ~3日目 »