« サッカーW杯南アフリカ大会 ~9日目 | トップページ | サッカーW杯南アフリカ大会 ~11日目 »

2010年6月21日 (月)

サッカーW杯南アフリカ大会 ~10日目

○グループF
スロバキア 0-2 パラグアイ
イタリア 1-1 ニュージーランド
○グループG
ブラジル 3-1 コートジボワール

 サッカーW杯南アフリカ大会10日目。グループFの試合はライブで、ブラジル-コートジボワール戦は録画して見ました。
 スロバキア-パラグアイ戦は、パラグアイの良いところだけ出てたように思いました。スロバキアがどんなサッカーするんだかわからんくらいに、パラグアイが試合をコントロールしてたんでしょうな。
 で、やっと中継で見ることができた“アズーリ”イタリア代表ですが……ニュージーランドと引き分けてしまいました。前半7分に先制されてしまったのが痛かったですな。あとは一方的にイタリアが攻めまくったよーな試合でしたが、結局点になったのは、前半29分のPKでの1点だけ。うーむ……イタリアはピルロを欠いたままだけど、攻撃はちゃんとやってたし、良いサッカーしてたんですがねぇ(失点してなかったら、たぶん2-0とか3-0で勝ってたんじゃないかなぁ)。ディフェンスに脆いところがありますねぇ。もし予選敗退するようなことになったら、カンナバーロが“戦犯”にされそうな感じ。
 そして、こちらもやっと映像を見ることができた“カナリア軍団”ブラジル代表ですが……強いわ。あのコートジボワールから3点取ってしまうとは、なんつう攻撃力か。ファビアーノの2点目はハンドだったけど、まぁ、それを上手くごまかすのも技量のうちですわw。いやぁ、コートジボワールはこのグループでなかったら、もっと楽に勝ち上がることができたと思うのですがねぇ。これもワールドカップなんですかね。

 グループFも大混戦。イタリアも最終戦勝つしかない状況に追い込まれましたね。ヨーロッパ勢の不振とは対照的に、南米勢は絶好調ですなぁ。勝ち点6取ってるアルゼンチン、勝ち点4のウルグアイとパラグアイ、初戦だけで勝ち点3取ってるチリ、そしてさっさと決勝トーナメント進出を決めたブラジル……さすがってところですかね。
 さて、今夜のスペイン-ホンジュラス戦で第2節も終わり、明日からは運命を決める第3節です。どこが決勝トーナメントに進むのか、今回は大混戦なので面白い4日間になりそうですね。

|

« サッカーW杯南アフリカ大会 ~9日目 | トップページ | サッカーW杯南アフリカ大会 ~11日目 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サッカーW杯南アフリカ大会 ~9日目 | トップページ | サッカーW杯南アフリカ大会 ~11日目 »